So-net無料ブログ作成

カスタムペイン

AV女優のマネージャーはヤクザ 暴排条例でAV業界がピンチ、お前らのオナニーもピンチ [企業]

AV女優のマネージャーはヤクザ 暴排条例でAV業界がピンチ、お前らのオナニーもピンチ

1 名前:名無しさん@涙目です。(関西地方)[] 投稿日:2011/10/15(土) 14:18:12.71 ID:ycFu/mwy0 ?PLT(19877) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/fujisan.gif
暴排条例でAV業界&ビデオ映画界ピンチ

ビデオ映画、AV制作会社、AV女優が所属するプロダクションを暴力団排除条例の対象として、警視庁組織犯罪対策3課が情報収集して
いることが本紙の取材で明らかになった。
「都の暴排条例の最高責任者である石原慎太郎都知事はビデオ映画やAVを目の敵にしてますからね。組対3課は芸能人や芸能プロだけ
でなく、ビデオ映画やAVの制作会社、そしてAV女優が所属するプロダクションと暴力団との関係を徹底的に調べてますよ。かなりの数の
事務所が〝密接交際〟として認定されそうです」と捜査関係者。
ビデオ映画界もAV業界も危機的状況を迎えることになりそうだ
大手映画関係者は「ビデオ映画の場合、暴力団の実録物を撮るために、暴力団との交際は避けられません。ヤクザ映画を撮っている制作
プロで暴力団と関係ない会社はないですよ。ある制作会社は、弘道会と直でつながっていると言われてます。暴排条例のターゲットになって
もおかしくない」と言う。
AV業界も同じだ。AV関係者は「AVの制作会社で暴力団との関わりがはっきりしているのは1社くらい。オーナーは元暴力団員で、警視庁
はオーナーを企業舎弟としてマークしてますから。ただ、どの制作会社もロケの時に暴力団にショバ代を払ってますから、利益供与に当たる
のは間違いありません」と話す。
さらに、制作会社より暴力団との関わりが深いとされるのはAV女優のプロダクションだ。
芸能関係者は「事務所のマネジャーが現役の暴力団員だったり、関東連合のメンバーが事務所のオーナーというところもあります」と語る。
もし、これらの制作会社やプロダクションが次々に〝密接交際〟と認定されてしまえば、ビデオ映画界、AV業界は壊滅状態になってしまう。
ヤクザ映画とAVという庶民の楽しみはどうなるのか。捜査3課の動向に注目したい。

http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=16147
依頼281

続きを読む


広告スペース
Copyright © 2ch炎上最新ニュースの補完・まとめ情報ブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。